BLOG社員ブログ

面接のマナーについて

こんにちは、
柴田です。
 
 
就職活動で避けて通れないのが”面接”
 
緊張しますよね。
ただでさえ緊張して汗かくのに、
着慣れないスーツを着て、変な汗が・・・
 
自分の人生を決める大事な就職活動なので一生懸命やるしかないんですけどね。
 
 
ただ、私が面接をしていると、
マナーが気になる学生と遭遇することも多々あります。
 
例えば。。。
 
 ・ 汗を手で拭う
  ⇒汗をかくなとはもちろん言いませんが、ハンカチくらいは持っていましょうね
 
 ・ やたらと早く来る
  ⇒アピールするのはとても良いことではありますが、
    どんなに早くても開始時間の10分~15分前が理想です。
    早く着いてしまったら心を落ち着けるなり、服装をチェックするなりしましょう。
    もちろん時間ぎりぎりに来るのも厳禁です。
 
 ・ 背もたれに背中をつけている
  ⇒面接中は背筋を伸ばして、椅子の手前3分の2くらいに座る様心がけましょう。
 
 ・ やたらと謝る
  ⇒面接中にうまく話せなかったりすると、すぐに「スミマセン」を連発する人がいます。
    これでは聞いているこちらも不安になってしまいますから、
    慌てずに、「少々お時間をください」と言えると良いですね。
 
 
書き出せばキリがないので今日はこのあたりで。
 
 
 
では!
 
 

ページトップへ戻る