INTERVIEW先輩社員の声

INTERVIEW 02.
2012年入社
家政学部 生活環境学科

石川 愛AI ISHIKAWA

トヨタ社内の開発環境整備・企画
CADによる配置図作成
社員管理及び総務業務 

どんな学生でした?

バイトばかりしていたイメージですね。コンビニ、スポーツジム、古着屋、イベントスタッフ、インテリア会社など色々なアルバイトをやっていました。
学校に行けば友達がいるので授業の合間や学校終わりにカフェでおしゃべりしていましたね。いま思えば学生生活を相当満喫していたように思います。

就職して最初に感じた壁は?

右も左も分からない状態で社会人デビューでした。
加えて技術開発の業界だったので、分からないことが分からないという状態でした。最初は本当に苦労しましたね。

仕事において心がけていることは?

とにかく人と接することでした。何でも聞くし、頼まれれば何でも引き受けるということからスタートしました。
まずは、難しいことでもまずは挑戦してみるという姿勢で何でも取り組むことで、次第にその行動が周囲から認められるようになりました。3年経つ頃には周囲からいろいろ聞かれる立場になっていました。

仕事の魅力、やりがいを教えてください

世界のトヨタで新しい技術をのせた車がどんどん世に出る。それをつくっている人たちと一緒に仕事をするため、とてもやりがいを感じます。
私の仕事は、開発に直接かかわるというよりは、そういった方々が働きやすい環境をつくる立場なので、間接的でも“クルマづくり”に関わっていると感じています。トヨタでは『お客様目線』という考え方があり、自分の目の前のその仕事が最終的にお客様に繋がっているという意識で取り組む姿勢が自然と身に付きますね。
また当社は、資格取得など社員の成長に対するバックアップは充実しているのも魅力の一つだと思います。

MESSAGE求職者に対してメッセージ

受け身にならないでください。受け身で良いのは学生のうちまでです。社会に出たら積極的に取り組んでください。受け身だとつまらないですよ!

MESSAGE先輩社員の声をもっと見る

ページトップへ戻る