NEWS新着情報

年頭のご挨拶

新年のご挨拶(2019年)

トータルテクニカルソリューションズ株式会社

代表取締役 社長 大川俊哉

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

関係者の皆様方には、平素より格別なるご厚誼を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

昨今は、IoT、RPA、AIそしてBigdataの活用と日就月将のICT化の更なる進化が見られ、複合的で多角的な新規サービスが展開される時代に向かっていると痛感しております。その流れもあり、当社の受付には、感情認識ヒューマノイドロボット(Pepper)が昨年秋に設置されました。

 

 今年は、「平成」から新たな元号へ変わる年であり、自動車業界を取り巻く環境も100年に一度の変革期を迎えていると言われております。干支では、「己亥」となり、繁栄したものを統制する意味と生命が閉じ込められている状態で、新たな時代に向けた準備期間だと考えられます。

 

当社では、“世の中は物事を起こす人と、物事に準じる人と、何が起こっているか解っていない人が居るが、我々は物事を起こす側を目指せ!”と言った俯瞰的に物事を捉え積極性を示唆する標語がございます。元号が変わるとどうなるのか?自動車業界が変わるとどうなるのか?世界情勢が変わるとどうなるのだろうか?その様な自ら変えようが無い変化には、まず素直に受け入れてその時そう成ってからその状況に順応して、遣るべき事を懸命に取り組むと共に主体性を発揮して行く事が重要だと思っております。

 

 その為にも社員一人ひとりは「実直堅実主義」の姿勢を貫き、我社の「学べる組織」を継続し今後の如何なる変化に対しても主体的に受け入れたいと考えております。

 

また、ものづくり活動(TTSブランドへの挑戦)に於いては、昨年がエポックメイキングと成り、定期的な活動が進捗を具現化しており、今年は更に加速させて参りたいと思います。

 

最後に、本年も関係者皆様方と社員とその家族にとって、充実した幸福感のある一年に成る事を心より祈念致しまして、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

Total Technical Solutions ,inc.

ページトップへ戻る