MESSAGE FROM CEO代表挨拶

大川俊哉

トータルテクニカルソリューションズ株式会社
代表取締役 社長

大川俊哉

社員成長第一主義

企業理念では、ES(従業員満足)によるCS(顧客満足)の探求を冒頭に記しており、私は、社員一人ひとりの成長がESに繋がると考えて、社員成長第一主義を提唱しています。

その為にも、ビジネスマナー検定(社会人基礎)やQC検定(品質技術基礎)を始め取り組み易い資格を全社員受験させて合格した際は、報酬(資格手当)も付与しております。小さな成功体験が、大きな成功に辿り着くと考えておりますので、学ぶことに対する習慣化を促進しています。

学べる組織

社会人として成長する過程で、重要なのは幾度となく訪れるオポチュニティを活かす事です。

常日頃から学ぶ姿勢を身に付けて、学びを習慣化しておけば、あらゆる場面で幾度となく訪れる機会(オポチュニティ)を逃すことなく成果を出すことができると思います。

マキシマイズ ポテンシャルMaximize the potential

社会人は、仕事の関係者を通じて新たな気づきや学びを得て、意識的に成長して行きます。
誰でも有益な能力を持っており、潜在能力に於いては、無限の可能性を秘めております。
我社の発展は、全社員の成長に掛かっているので、社員一人ひとりの潜在能力を最大限に引き出す為の能力開花を探求した研修プログラムを考察し日々改良しております。

志あれば道は必ず拓かれる

自分は、一人前の社会人に成れるのか?将来は、本当に大丈夫かな?と言った不安な気持ち。一方で、絶対に遣ってやる!と言う意気込みもあると思います。
社会人の人材育成とは、“20代は自分を育て、30代で他人を育て、40代には組織を育て、50代で会社を育てる。その後は、地域を育てる”と言われております。
入社して最初の3年が肝心ですが、20代の頃は、“遣るべき事”よりも“やりたい事”を優先してしまう事も多々あると思います。自らの可能性は自ら切り拓く為にも、社会人として3年後に自分がどの様なスキルを習得しているのか、どの様な人間性に成っているかを明確に定量化して設定する事が大切です。その志が何よりも大きな原動力となり、社会人として大成に向かう道が、必ず切り拓けます。

ページトップへ戻る